年金なんて頼りにならない

未分類

私は現在年金暮らしですが、現在の生活でお金に困ることが多いので困ります。
現在住んでいるのは、実家で一戸建てです。築44年の家で古い家です。そこに現在は母と住んでいます。
父は2年以上前に亡くなりましたが、父は生前生命保険契約をしていなかったので、父が亡くなっていても死亡保険金はありませんでした。
また、父は9年前から株式投資を始めていましたが、特にこれといった準備もせずに株式投資をしていたので、損失が大きく、退職金や特許の実績報奨金や年金(老齢基礎年金だけでなく企業年金も含めます)もどんどん注ぎ込んでしまいました。

 

その為、父が亡くなった時に、父の銀行預金口座を相続した際の残高は27万円位でした。
私は、父が母にパソコンを壊されても株式投資を止めず、しかも「株をやらないと儲からない。」と言って他の人の話を聞かず、どんどんお金を注ぎ込むことについて、「もう止めて欲しい。」と思っていたのですが、結局私が危惧した結果になってしまいました。

 

父が2年前の1月に入院した時も、生命保険契約をしていなかったおかげで保険金も下りず、そればかりか、父は転院後1か月足らずで亡くなりました。
そういったこともあり、私が家の不動産を相続したのですが、父の企業年金は打ち切られ、現在の収入については、私と母の年金と1年に1度支払われる父の実績報奨金が主な収入源です。

 

父は、10年前にも株式投資をしていたのですが、それについても失敗しており、どこかで株式投資を止めるのではないかと思われたのですが、父は結局入院する直前まで続けていました。
ここまで来ると依存症に近い様な気もするのですが、父のケアマネさんも父が株式投資をしていることについて知っていながらも止めようとしなかったのには腹が立ちました。

 

私の家は金銭的にも余裕のない生活を強いられているのですが、家の中は母が寝たきりの生活をしており、介護職員の方が毎日来て貰わないといけない状態になっています。
以前から母は要介護4なのですが、昨年の調査の際に気になることが出て来たので、母の主治医に相談したところ認知症と言われました。
ここまで来ると大変な状態が更に深刻化してきて困っています。
もし母が亡くなっても、昨年認知症と診断された時点で、母については生命保険契約が出来ない為、母が亡くなった後も死亡保険金は入って来ません。

 

そういった事だけではなく、家の建物の老朽化が深刻化してきており、昨年は家の電灯のかなりの箇所を交換しました。
これで当面は電灯からの火災を予防する事は出来たのですが、以前からあったトイレの漏水が酷くなり、トイレのリフォームをせざるを得なくなり、かなりまとまった出費がありました。
その為、父の実績報奨金や母や私の年金のかなりの金額が減ってしまいました。
それだけではなく、家の中の色々な箇所のリフォームを要する箇所あり、困っています。
水道も漏水していますが、修理するだけのお金がありません。

 

これだけではなく、昨年夏に母のケアマネさんが交代して、母の訪問看護が新たに入り、ヘルパーさんも業者が替わったので、介護に要するお金が以前に比べて高額になりました。
母を施設に入所させるよりは低い金額ですが、それでも大変です。
仕方ないので、私が乗っているホンダのヴェゼルを売るしかないです。こうやってでもお金を捻出しないと生きていけないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です